記録した覚えのないデータがある

ご自身で記録した覚えのないデータが家計簿上にある場合、まずは以下を確認してください。

連携先から自動取得したデータ

Zaim では基本的に連携先の公式サイト上に存在するデータを取得しています。 そのため、身に覚えのない明細やカード、口座からの取得がある場合は Zaim を通さず、連携先の公式サイトにログインして実際の情報を確認してください。

銀行やカードの公式サイト上に該当の情報が存在していない場合は、データ詳細(カードや口座名/日付/金額/摘要欄の内容)を記載のうえ、Zaim までお問い合わせください。

上記以外のデータまたは記録元が不明

考えられる原因として 2 点あります。こちらに該当していないかを確認してください。

過去に未来日付で記録

未来の日付で記録すると履歴の「一覧」には表示されないので、指定した日が来て初めて家計簿に現れたように感じることがあります。過去にご自身で記録した覚えがないか確認してください。

レシート撮影で日付を誤読取したまま記録

レシート撮影をした場合に読取した日付を誤ったまま保存すると、意図しない日時に突然、記録が現れたように見えます。例えば日付が「2016 年」なのに「2018 年」で誤読取してしまった、というようなケースがありえます。お店や品目の情報から、過去にご自身で記録した覚えがないか確認してください。

これらのケースに当てはまらない場合は、お心あたりのないデータ詳細(日付/金額/店名など)をお書き添えのうえ、Zaim までお問い合わせください。

その他