はじめに

株式会社 Zaim(以下「当社」といいます)が提供する Web 明細との連携(アグリゲーション)サービスの利用については、本利用規約に必ず同意のうえご利用ください。 なお、アグリゲーションサービスをご利用される場合には、Zaim 利用規約への同意が必要となりますので、ご利用前に併せて必ずお読みください。

第 1 条(利用規約について)
  1. アグリゲーションサービス利用規約は、Zaim 利用規約に定める個別規定として、Zaim 利用規約の一部を構成します。
  2. アグリゲーションサービス利用規約は、当社とアグリゲーションサービス(第 2 条 1 号で定義します)を利用するすべての方(以下「利用者」といいます)との間の一切の関係に適用するものとします。
  3. 利用者は、アグリゲーションサービスを利用することにより、アグリゲーションサービス利用規約および Zaim 利用規約の内容について同意したものとみなされます。
  4. アグリゲーションサービス利用規約については、利用者に対する事前の通知なく、当社の判断により、いつでも任意に変更ができるものとします。アグリゲーションサービス利用規約が変更された場合、当社が別途定める場合を除き、当社サイト上または当社アプリ上に表示した時点により効力を生じるものとします。また、当該変更後の利用者によるアグリゲーションサービスの利用には変更後のアグリゲーションサービス利用規約が適用されるものとし、当該利用により、利用者は当該変更に同意したものとみなされます。
第 2 条(用語の定義について)

アグリゲーションサービス利用規約において使用する用語の意義は、次の各号の定めるとおりとします。なお、Zaim 利用規約で定義した用語の意義は、アグリゲーションサービス利用規約で別段定める場合を除いて、全て Zaim 利用規約の用語の意義と同一とします。

  1. 「アグリゲーションサービス」とは、利用者の同意に基づき当社が第三者 API を使用し第三者サイトにアクセスする方法、利用者が当社サイトまたは当社アプリを経由して第三者サイトにアクセスする方法その他の方法で、利用者本人の入出金履歴情報を取得し、利用者が取得した入出金履歴情報を当社サイト上または当社アプリ上で一覧表示することができる当社のサービスをいいます。なお、利用者は、アグリゲーションサービスの利用に際し、第三者サイトにアクセスし 2 回目以降の第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを入力する操作を省略することができます。
  2. 「第三者サイト」とは、金融機関その他の第三者が運営する、入出金履歴情報の提供を行うウェブサイトで当社が任意に指定するサイトをいいます。
  3. 「入出金履歴情報」とは、金融機関の口座情報・取引履歴、クレジットカードの利用履歴、オンラインショッピングサイトの購買履歴情報その他の利用者の入出金に関する情報及びこれに付随する情報をいいます。
  4. 「第三者 API」とは、 第三者サイト運営者が提供するアプリケーション・プログラミング・インターフェイス等であって、利用者がアグリゲーションサービスを通じて入出金履歴情報を取得することが可能となる機能を有するものをいいます。
  5. 「第三者サイト ID」とは、ID のうち、第三者サイトパスワードと組み合わせて、第三者サイト運営者が利用者とその他の者とを識別するために用いられる文字列、符号をいいます。
  6. 「第三者サイトパスワード」とは、パスワードのうち、第三者サイト ID と組み合わせて、第三者サイト運営者が利用者とその他の者とを識別するために用いられる文字列、符号をいいます。
第 3 条(アグリゲーションサービスの利用条件について)
  1. アグリゲーションサービスの利用を希望する者は、自らの意思及び責任をもって、アグリゲーションサービス利用規約の内容に同意した上で、当社所定の方法により、利用申込を行うものとします。
  2. アグリゲーションサービスの利用を申込む場合には、当社指定の画面より当社が指定する書式において必要な情報を提供するものとし、当該情報が当社において問題なく受信された時点で、利用者として承諾したものとします。ただし、当社は、申込者が過去にアグリゲーションサービス利用規約に違反したものである場合、アグリゲーションサービス利用規約に違反するおそれがあると当社が判断する場合その他当社が不適切と判断した場合については申込を承諾しないこともあります。
  3. 利用者は、アグリゲーションサービスを利用するにあたり、第三者サイト運営者の方針等の理由により、利用者が希望する第三者サイトにアクセスするために、当該第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを取得し、当社サイトまたは当社アプリを通じて登録する必要がある場合があります。なお、この場合であっても、当社は、利用者が登録する第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを、当該利用者に対するアグリゲーションサービスの提供以外の用途で一切利用しません。
  4. 前項に該当する場合、利用者は、第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワード並びに第三者サイトへ登録している情報(以下「第三者サイト登録情報」といいます)に変更があった場合、速やかに、当社サイト上においても第三者サイト登録情報を変更登録する必要があります。利用者は、この変更登録を行わなかったことにより生じた一切の損害について責任を負います。なお、セキュリティ上、定期的に第三者サイトパスワードを変更することその他第三者サイトの運営者等が薦めるセキュリティ対策を講じることを推奨します。
  5. 利用者がアグリゲーションサービスを通じて入出金履歴情報、第三者サイト登録情報その他のコンテンツを入力又は記録する場合は、自身の情報として真実かつ正確な最新の情報を入力又は記録するものとします。なお、利用者は、本条第 3 項に該当する場合、アグリゲーションサービスに登録した第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードに誤りがあり、利用者が当該第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを用いて第三者サイトにアクセスして入出金履歴情報を取得しようとした場合、正規の第三者サイトパスワードが失効することがあることを了承します。
  6. 会員は、入出金履歴情報その他のコンテンツについて、自己の責任の下、任意に変更、追加その他の管理をするものとします。
第 4 条(アグリゲーションサービスの提供)
  1. 利用者は、当社サイト又は当社アプリ上で、アグリゲーションサービス利用規約に従い、アグリゲーションサービスの提供を受けることができます。
  2. アグリゲーションサービスの利用に際しての第三者サイトへのアクセス、第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードの入力、入出金履歴情報の取得は、利用者自身がアグリゲーションサービスを利用することにより利用者自らの意思に基づいて行う行為です。利用者は、当社に責に帰すべき事由がある場合を除いて、本項の行為に起因して生じる結果全てについて責任を負うことを予め了承するものとします。当社は、第三者サイトへのアクセス、第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードの入力、入出金履歴情報の取得の当事者、代理人、使者又は仲介者等とはならず、利用者のこれらの行為により生じる結果について一切責任を負いません。
第 5 条(アグリゲーションサービスの範囲)
  1. 当社は、利用者がアグリゲーションサービスを通してアクセスできる第三者サイトを、当社サイト上または当社アプリ上に表示して公表します。この内、利用者がアグリゲーションサービスを通じて自己の入出金履歴情報を取得することができる第三者サイトは、利用者が当該第三者サイト上で入出金履歴情報にアクセスするための第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを作成、保有している第三者サイトに限られます。
  2. 当社は、利用者がアグリゲーションサービスを通して自己の入出金履歴情報を取得することができる第三者サイトを、任意の理由で追加又は削除することができ、利用者は、これに異議を述べることができないものとします。利用者は、当社が第三者サイトを削除した場合、アグリゲーションサービスにおいて当該第三者サイトから入出金履歴情報を取得し、又は当社サイト上または当社アプリ上で閲覧等できなくなることをあらかじめ了承します。
  3. 利用者は、アグリゲーションサービスを通じて得られる入出金履歴情報の内容及び期間は、第三者サイトの仕様、運営方針等に影響され、当該情報の全部又は一部が取得できず正常に表示されない場合があること、及び当該情報の内容及び期間を当社が任意に決定することができ、利用者は当社のかかる決定に異議を述べることができないことをあらかじめ了承します。
  4. 利用者がアグリゲーションサービスを通じて第三者サイトから取得する入出金履歴情報の内容がいつの時点のものであるかについては第三者サイトによって異なり、第三者サイトから最新の入出金履歴情報が取得されない場合もあることをあらかじめ了承します。
  5. 利用者は、90日以上本サービスへのログインがない場合、アグリゲーションサービスの提供を一時停止する場合があること、および当該停止の期間中に利用者が入出金履歴情報を取得できなかったことにより生じた損害について当社が責任を負わないことを予め了承するものとします。
  6. 利用者は、本サービス上に記録される直近の日を起算点として過去 12 か月以前の入出金履歴情報が削除又は非表示にされる場合があること、および削除された当該情報を当社が復旧できないことを予め了承するものとします。なお、Zaim 利用規約第 14 条第 6 項に定めるとおり、本項で定める当社の削除又は非表示措置その他の理由により利用者の入出金履歴情報が損失しても当社は何ら責任を負わないものとします。
  7. 第三者サイトから 1 回に取得できる入出金履歴情報の件数には制限がある場合があります。利用者は、当該第三者サイトの全ての取引を取得できない場合があることをあらかじめ了承するものとします。
  8. 当社は、第三者サイト及び第三者サイトから取得した入出金履歴情報の問合せについては、対応する義務がないものとします。
第 6 条(アグリゲーションサービスの変更等)
  1. 当社は、アグリゲーションサービスの全部又は一部をいつでも任意の理由で変更、追加、中断、終了(以下本条において「変更等」といいます。)することができます。
  2. 当社は、アグリゲーションサービスの全部又は一部を有料とする場合があります。この場合、当社はアグリゲーションサービス上において、その内容を利用者に事前に通知いたします。
  3. 当社は、アグリゲーションサービスの変更等により利用者に生じたいかなる損害等についても、一切責任を負うものではありません。
第 7 条(利用者の禁止行為)

利用者は、アグリゲーションサービスの利用に際して、Zaim 利用規約に定める禁止行為、および以下の各号に該当する又は各号に該当するおそれのあると当社が判断する行為を行ってはならないものとします。

  1. 第三者が保有する第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードを不正に取得または使用する行為
  2. 第三者の入出金履歴情報を取得または表示する行為
  3. その他、当社が不適切と判断する行為
第 8 条(当社の免責)

利用者は、Zaim 利用規約第 14 条各項その他 Zaim 利用規約に定める免責事項、および以下の各項の事項を了承のうえアグリゲーションサービスを利用するものとします。

  1. 当社は、当社が合理的な安全管理措置を講じたにもかかわらず入出金履歴情報又は第三者サイト ID 及び第三者サイトパスワードが第三者に漏洩、開示されたことによる損害について責任を負わないものとします。
  2. 当社は、天災地変その他非常事態の発生、法令等の制定・改正、又は金融機関その他の第三者の第三者 API の公開方針、連携方針、入出金履歴情報へのアクセス制限、使用許諾範囲の制限その他第三者の方針によりアグリゲーションサービスの全部又は一部の提供が困難又は不可能になったことによる損害について責任を負わないものとします。
第 9 条 (電子決済等代行業に関する表示)

当社は、銀行法及び銀行法施行規則に基づき、以下の事項を表示します。

  1. 電子決済等代行業者の商号、名称又は氏名及び住所
    商号:株式会社 Zaim
    住所:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町 9−5 フジタインゼックスビル 5 階
  2. 電子決済等代行業者の権限に関する事項
    当社は、アグリゲーションサービスの提供に際し、銀行法第 2 条第 17 項第 2 号に規定される電子決済等代行業務を行います。当社のアグリゲーションサービスは銀行等が提供するものではなく、また当社は銀行等を代理・媒介する権限を有するものでもありません。
  3. 電子決済等代行業者の損害賠償に関する事項
    銀行等との間で電子決済等代行業に係る契約を締結後に公表します。なお、アグリゲーションサービスに関しては、Zaim 利用規約に定める免責事項(Zaim 利用規約第 14 条およびアグリゲーション利用規約第 8 条に定める免責事項を含みます)が適用されます。
  4. 電子決済等代行業に関する利用者からの苦情又は相談に応ずる営業所又は事務所の連絡先
    株式会社 Zaim
    〒150-0045 東京都渋谷区神泉町 9−5 フジタインゼックスビル 5 階
    https://content.zaim.net/contacts/add
  5. 電子決済等代行事業者の登録番号
    関東財務局長(電代)第 7 号
  6. 利用者が支払うべき手数料、報酬若しくは費用
    当社は、アグリゲーションサービスを無償で提供します。アグリゲーションサービスの全部又は一部を有料とする場合、当社は、その内容を利用者に事前に通知します。
  7. 契約期間及びその中途での解約時の取扱い
    利用者は、任意のタイミングで、Zaim 利用規約第 7 条の定めに従い、退会することができます。また、下記方法により登録している銀行を削除することにより、アグリゲーションサービスの利用の全部又は一部を停止することができます。
    https://content.zaim.net/questions/show/152
  8. 利用者にかかる識別符号等の取得に関する事項
    当社は、銀行等のサイトの ID 及びパスワードを暗号化して保管する場合がありますが、今後、銀行等との API 連携を進め、当該 ID 及びパスワードの利用なしにアグリゲーションサービスを提供する予定です。

(附則)
2014 年 2 月 15 日制定 2014 年 2 月 15 日適用
2014 年 12 月 3 日改定 2014 年 12 月 10 日適用
2017 年 5 月 10 日改定 2017 年 5 月 10 日適用
2018 年 5 月 31 日改定 2018 年 6 月 1 日適用
2018 年 11 月 21 日改定 2018 年 11 月 22 日適用