身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定による身体障害者手帳の交付対象とならない、聴力レベルが軽度又は中等度難聴児(以下「難聴児」という)対し、補聴器の装用による言語の習得及びコミュニケーション能力の向上を促進するため、補聴器購入費の一部を助成し、もって難聴児の福祉の増進を図る。(対象児童)

家計簿から受給可能性を判定あらかじめ居住地および世帯構成が正確に登録いただいていない場合は正しい判定が出ませんのでご注意ください

分野

補聴器

対象年齢

0〜18 歳のご家族がいる場合に受給対象となります。

金額

購入・更新・修理する経費3分の2を乗じて得た額(その額に千円未満の端数がある場合は、切り捨てるものとする)とする。所得割の額が46万円以上の者がいる場合は、対象除外者

所得条件

条件次第では所得がある一定以上でも受給できる可能性があります。

生活保護者

いくつかの条件がかけあわさっており、それ次第では生活保護者の方も受けられる可能性があります。

給付金の情報に関する補足

これらの給付金の情報は、Zaim が独自に収集したものおよび各自治体が公開するオープンデータを利用たものとなります。必ず地方自治体・国の公式サイトをご確認のうえ、申請などを実施してください。詳しくは利用規約 14 条 2 項をご確認ください。もし情報に間違いがあった場合は、ここをクリックして、事務局に連絡していただけますと幸いです。

また一切の複製・上映・公衆送信・頒布・譲渡・貸与・翻訳・翻案・二次利用等を禁じます。

お住まいの地域の給付金を一括検索。
Zaim に登録すると、あなたのプロフィールから受給できる可能性のある給付金を自動抽出します。

1 分で完了する無料登録