平成26年9月より、インターフェロンフリー治療(セログループ1型におけるダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)」が助成対象となりました。本治療の適応の判断については、肝臓専門医の責任で行ってください。なお、インターフェロンフリー治療に関する医療費助成の診断書は、日本肝臓学会肝臓専門医が作成することとしていますのでご留意ください。平成27年3月20日に、ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法が、一部承認変更され、保険適応となりました。これに伴い、インターフェロンフリー治療、適格未治療例及び前治療再燃例についても、助成対象となりました。平成27年6月9日に、セログループ2型におけるインターフェロンフリー治療(ソホスブビル及びリバビリン併用治療法)が、医療費助成の対象になりました。※この医療費給付については、平成28年3月31日までに申請した方は、平成27年5月20日(保険適応日)まで遡って受給を受けることが可能です。

家計簿から受給可能性を判定あらかじめ居住地および世帯構成が正確に登録いただいていない場合は正しい判定が出ませんのでご注意ください

分野

肝炎

対象年齢

年齢に関係なく受給可能です。

金額

自己負担限度額(月額)は、申請者の住民票上の世帯全員の市町村民税課税年額(所得割のみ)の合計により決定されます。

所得条件

条件次第では所得がある一定以上でも受給できる可能性があります。

生活保護者

いくつかの条件がかけあわさっており、それ次第では生活保護者の方も受けられる可能性があります。

給付金の情報について

これらの給付金の情報は、Zaim が独自に収集したものおよび各自治体が公開するオープンデータを利用たものとなります。必ず地方自治体・国の公式サイトをご確認のうえ、申請などを実施してください。詳しくは利用規約 14 条 2 項をご確認ください。もし情報に間違いがあった場合は、ここをクリックして、事務局に連絡していただけますと幸いです。

また一切の複製・上映・公衆送信・頒布・譲渡・貸与・翻訳・翻案・二次利用等を禁じます。

お住まいの地域の給付金を一括検索!
Zaim に登録すると、あなたのプロフィールから受給できる可能性のある給付金を自動抽出します。

1 分で完了!無料登録