こざさん
こざさん

お金との向き合い方で暮らしは変わる

ザル状態の自分に奥さんから指摘が

Zaim を始めたきっかけを教えてください

ずばり、結婚です…(笑)。本当にお金の使い方を全く気にしたことがなくて、奥さんから「金銭感覚を見直したら」とツッコミが入りまして。"このままではマズイかな" と実は自分でも薄々思っていたので、すぐに行動を始めました。

「iPhone 家計簿」で検索して出てきたのが Zaim でした。シンプルそうだなというのが第一印象。あと、アイコンかわいいなって。どうせ続かないし、やってるフリだけでいいやってダウンロードしたのが正直なところです(笑)。少しだけ使ってみて、とっつきやすいなって感じたんですよね、何となくだったんですが。

気づいたら今で半年くらいですかね、毎日めちゃくちゃ活用していて、奥さんにも「すっかりZaimっ子だね」と驚かれています。暇があれば分析画面や残高画面や他のユーザーとの比較をチェックしたり。自分がこんなにお金の管理にハマるとは思わなかったです、正直(笑)。

思った以上に多かった無駄遣い

つけ始めてから、何か変化はありましたか?

それまでも残高の推移くらいは見ていました。でもその内容は見てなかった。クレジットの請求とかも一応見るけど、明細を見てもどうしようもないし。過去の自分の行動を見せられているようで、嫌だったんです。見ようとしてなかった、という方が近いかもしれないです。

でも Zaim で金融機関連携の機能を使っていると、"いつ、どこから、いくら" 請求がきているのか、すぐに反映されるじゃないですか。数字として目に見えると、インパクトが大きいものですよね(笑)。契約しっぱなしのスポーツジムの月額料金や昔の携帯なんかも請求にあって…そういうの全部整理しました。面倒だなと思って放置していたけど、これじゃダメだなと感じました。

カフェに行く回数も極端に減ったと思います。今までは朝の習慣として何となくカフェに立ち寄っていました。そういうのも積み上がるとやっぱり大きな金額ですよね。今はその時間の分、早めに会社に行ってるんです。ウォーターサーバーもあるし、そこでコーヒーを淹れたり本を読んだり、過ごし方は同じです。

でも、場所を変えて過ごすと新鮮で楽しいんですよ。もちろんたまにはカフェに行きます。ただ以前とは違って「今日はカフェに行こう」と意識していくから時間が有意義に感じられるんですよね。「コーヒーおいしいな、いい時間だな」って感じる気持ちが濃いというか。お金の使い方って、毎日の過ごし方と直結しているんですよね。この気づきが、一番の変化かもしれません。

結果的に毎月の支出額も、大きく変わりましたよ。ここでは金額が言えないくらい(笑)。無駄な出費って、本当に小さなものなんですね。でも銀行口座の残高の減り具合が大きく違って、驚きました。金額、本当に言えないです(笑)。

画像

ストレスなく夫婦でお金の話ができる

普段はどんな使い方をされていますか?

最初にお話したように、きっかけは奥さんからの一言だったんですよね。だから、私のお金の使い方をうまく共有できるように色々工夫しながら使っているんです。奥さんも別で Zaim をつけているので、それを見せ合いする感じですね。

カテゴリもオリジナルにカスタマイズして、自分に合わせています。最近活用している "ふるさと納税" もカテゴリにしているんです。どこの自治体にいくら寄付したかっていうのが分かりやすくて良いんですよ。この間の新婚旅行とかは "結婚" っていうカテゴリに含めたり。ここは節約一切なしなんです(笑)。メリハリを付けると、ストレスにならないもんだなって感じています。

あと、メモを手入力できるのが実は気に入っていて。写真保存できるし、思い出帳みたいにも使っています。「XX へデート」とか「このお店、お気に入り」とかもメモしておくと、2 人で振り返るのが苦にならないんです。お金の話って、できればあんまりしたくないでしょ(笑)。Zaim なら、そんなことが楽しくできるのがいいんですよね。

結婚して間もないので、家族としてどうやってお金管理をしていくかはこれから考えます。でも、まずはお金の使い方やその考え方をすりあわせたかったから。Zaim を使うことで、前向きにそれができていて、ありがたいですね。

画像  

お金を通して将来のことを楽しく考えるように

Zaim を利用していてよかったことはありますか?

結婚を機にマンションを買おうということは、決めていたんです。とは言え、お金のことがよく分かっていなかったし、自信がなかった。でも、Zaim を使い出して、夫婦お互いの稼ぎ力が把握できたり、貯金がはっきり見えたりしたことで自信がついたというか。「中古しか無理だと思い込んでいたけれど、新築マンションの方がいいかも」って思えたんです。

現状が分かると、見通しが立てられますよね。なんとなく不安だった自分が、前向きな決断ができたのは、Zaim があったから。大げさかもしれないですが、人生の選択肢がぐっと広がったように感じています。

新居には新しく購入したダイニングテーブルを設置予定です。飛騨高山のものをオーダーして、まだ手元にはないんですけど。これを見た時に、奥さんとすごく盛り上がったんです。「これを目標に一緒にお金を貯めよう」って。これが奥さんとの最初のお金の話でしたね。

お金って、よく分からなくて…ストレスに感じることのほうが多かった。振り回されたくないし、できれば考えたくない。でも、お金って単なる手段に過ぎなくて、それをどうするかは自分の決断次第なんですよね。その手段を使って、どんな人生にするのかを考えることにつながるんだと思っています。

小さなことですけど、寄付一つするにも気持ちが変わりましたよ(笑)。「この 100 円でコーヒーを飲む?寄付する?」って考えることで、意味のある使い方ができているなって感じられるんです。お金の使い方一つで、自分の毎日の暮らしは変わるんだってすごく実感しています。

こざさんの毎日に大きな変化があったんですね!

お仕事帰りのお疲れの中のインタビューに、楽しくお話してくださったこざさん。
本当にありがとうございました!

画像

Zaim 家計プランナーからの
ひとことコメント

ご自身も強く実感されている通り、楽しみながら家計と向き合う方法を見つけると、毎日はとても豊かになりますよね。こざさんのように Zaim を上手に利用していただけると、夫婦それぞれのお金の使い方や価値観を楽しく分かり合うことができます。これからも継続して直近のプランの共有をしてください。そしてちょっと先の暮らしまで、ご家族で計画的に話し合う場を設けられるととても理想的ですね。

(家計プランナー ワタジマコトミ)