おかねの世論調査

Zaim では不定期にご利用者の皆さまのリアルにせまったアンケートを実施しています。こちらでは、その結果をご紹介!みんなの家計の「ホントのところ」や、暮らしの素朴な疑問への答えまで、気になる結果をご参考に、ご自身の毎日の暮らしにぜひお役立てください!さて、今回の調査とその結果は…?

今回のテーマ

みんなはどうやって選んでる?Zaim ユーザーの保険事情のホントのところ

期間:2016 年 6 月 7 日~11 日 回答数:307 件

Q. 現在、ご自身が契約者として保険に加入していますか?

グラフ

約 75.2%の方が、現在保険に加入し契約料金を支払っていると回答。加入していないと回答した層を大きく上回る結果になりました。この傾向は特に 35 歳以上から高まり、35 〜60 歳以上では平均 84.6%が加入していると回答しています。逆に 34 歳以下の保険加入者は平均 52.8%に留まりました。リスクへの備え方について、どうやら年齢は大きく影響している?!

Q. 現在加入されている保険の種類は?

グラフ

次に、ご自身が加入している、もしくは保障の対象になっている保険商品のその中身を調査!圧倒的に多かったのは一生涯死亡保障が続く保険の中でも、貯蓄機能も持つ「終身タイプの生命保険」で、全体のおよそ 40%にあたる方が加入。逆にあまり加入者が少なかったのが、自動車保険を除く、各種損害保険ですが、ペットやレジャーなど対応する保険があることも興味深い…!

Q. 保険商品を選ぶとき最も重視する点は?

グラフ

それではみなさんはどんな目線で保険商品を選んでいるのでしょうか?加入の際に最も重視する点をお聞きしたところ…?やはり第一位は『どんな時にどんなことを備えるか?』という保障内容が圧倒的でした!次に保障期間・保障金額と続き、万一のリスクに備えた内容を優先して選ばれているようです。逆に支払金額を気にする方は 3.3%と低い結果に。ちなみにこれは、既婚未婚等属性に関係なく同様の傾向が!大事なのは「今のお金ではなく将来」と考えている方が多いようですね。

Q.保険加入時の、窓口や担当者の提案内容の印象は?

サンプル写真

次にお保険加入や申し込みの際に、その窓口となった担当者の商品提案に対する印象をお聞きしました。ほぼ半数の方が「公平に提案されたと感じる」と回答したのに対し、約 10%がその提案内容に不満を持っている様子…。年代別に見ると、特に 20〜24 歳の世代の約 20%は「公平に提案されなかった」と回答。逆に35歳以上の回答者は「公平に提案された」という印象を持つ方が多いという興味深い結果に。人生の中でもかなり高額な買い物になる保険商品、納得して商品選びをしたいものですね!

Q. よく利用する申し込み方法は?

グラフ

さて最後は、保険を検討したり加入する際に最もよく利用する申し込み経路についての質問です。なんと全体の 40%が保険会社の担当者に直接相談とのこと!逆にインターネット利用は 15.3%とまだまだ人を介した購入が主である結果となりました。しかしこちら、世代により異なる結果となりました。例えば、街でよく見かける保険ショップでの申し込みは、全体の平均は 8.3%ですが、30〜34 歳の世代は 約 13%が利用。またお金の専門家であるファイナンシャルプランナーへ相談は、35〜39 歳では 全体平均のおよそ 2 倍の約 27.3%がよく利用すると回答。ライフステージごとでも保険の申し込み経路に違いが出ているのかもしれませんね!

家計簿をつけていると、どうしても気になる「毎年」や「毎月」決まった金額で発生する固定費!中でも保険料金は長く払い続けることも多いので、家計へのインパクトは大…。そんな中、回答の中でもちらほらあったのが「自分が入っている保険がわからない」というもの。せっかく加入した保険、一度見直して確認するのがオススメです!Zaim には保険の内容や保障を記録することができる『わたしの保険』というサービスもあるので、ぜひ保険も Zaim もフルに活用してくださいね☆

Zaimさん

Zaim おかねの世論調査 結果はこちらから