匿名加工情報とは、特定の個人を識別することができないように個人情報を加工し、その個人情報を復元できないようにした情報のことをいいます。

Zaim は匿名加工情報を取扱うにあたり、個人情報保護委員会が定める個人情報の保護に関する法令およびガイドラインなどにのっとり、利用者の皆様のプライバシー保護を第一に考え、義務を遵守しています。

匿名加工情報を取り扱う事業者の義務

匿名加工情報を取り扱う事業者は、以下の義務を守る必要があります。

匿名加工情報を作成する事業者(Zaim)の義務
  • 個人情報の適切な加工
  • 安全管理措置の実施
  • 作成時・第三者へ提供時、当該匿名加工情報に含まれる項目および提供方法の公表
匿名加工情報を受領する事業者の義務
  • 作成元となった個人情報の本人を識別する目的で他の情報と照合する行為の禁止
匿名加工情報の加工イメージ

ご利用者様のプライバシー保護を第一に考え、法令で定める適切な加工を下記のように施します。なお、下記はあくまでも一例であり、加工方法は必要最低限になるよう提供の目的ごとに異なります。

匿名加工情報の加工イメージ
よくあるご質問

Q. Zaim では、どの情報が匿名加工情報の対象となるのですか。
A. 匿名加工情報の取扱いの「匿名加工情報に含まれる項目」にて、対象となりうる項目の範囲を掲載しています。

Q. 第三者に提供された匿名加工情報からは、本当に個人を識別できないのでしょうか。
A. はい。Zaim から他事業者へ提供するデータは、匿名加工後のデータのみであるため、元の個人情報には復元できません。また、これを受領した事業者は、他のデータと照合をするなど個人を識別する行為は禁止されています。

Q. 自分の記録を匿名加工情報として使われたくないので、情報提供を停止する方法を教えてください。
A. 匿名加工情報としての情報提供停止の旨を記載の上、お問い合せフォーム よりご連絡いただけますと幸いです。