不妊治療のうち、医療保険が適用されず、高額な医療費がかかる体外受精及び顕微授精の治療費の一部を助成します。【助成対象となる治療について】A:新鮮胚移植を実施B:採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1~3周期程度の間隔をあけた後に胚移植を行うとの主治医が立てた治療方針に基づく一連の治療を行った場合)C:以前に凍結した胚による胚移植を実施D:体調不良等により移植のめどが立たず、胚移植の断念を主治医が判断し、胚凍結して治療終了E:受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等による中止F:採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止(治療区分A・B・D・Eは15万円、治療区分C・Fは7万5千円)

家計簿から受給可能性を判定あらかじめ居住地および世帯構成が正確に登録いただいていない場合は正しい判定が出ませんのでご注意ください

分野

不妊治療

対象年齢

〜43 歳のご家族がいる場合に受給対象となります。

金額

75,000〜150,000 円/回が給付されます。

所得条件

条件次第では所得がある一定以上でも受給できる可能性があります。

生活保護者

いくつかの条件がかけあわさっており、それ次第では生活保護者の方も受けられる可能性があります。

給付金の情報に関する補足

これらの給付金の情報は、Zaim が独自に収集したものおよび各自治体が公開するオープンデータを利用たものとなります。必ず地方自治体・国の公式サイトをご確認のうえ、申請などを実施してください。詳しくは利用規約 14 条 2 項をご確認ください。もし情報に間違いがあった場合は、ここをクリックして、事務局に連絡していただけますと幸いです。

また一切の複製・上映・公衆送信・頒布・譲渡・貸与・翻訳・翻案・二次利用等を禁じます。

お住まいの地域の給付金を一括検索。
Zaim に登録すると、あなたのプロフィールから受給できる可能性のある給付金を自動抽出します。

1 分で完了する無料登録